薬剤師の魅力

薬剤師を目指す方は、非常に大勢おられますが、その反面薬剤師とは、一歩間違うと、人命を失わせる危険性を伴い、それだけ責任の重い資格、仕事なのに、何が魅力であり、何が、多くの方をひきつける要素なのか?

薬剤師の魅力として、薬剤師のメリット、デメリットを考えていくと、薬剤師の魅力の一つとも言えるメリットの中には、男女の格差がない、ということがまずあげられます。 男女の格差が無い、つまり、薬剤師としての資格はもちろん、その知識における専門性が高い、スキル、質も高い方であれば、男女関係なく出世する事が可能である職業でありますから、その分のやりがいは、非常に大きいものとなりえます。

又、薬剤師は、その業務における責任が重い、それがもちろん苦痛になる事もあり得る話ですが、その責任の重さにより、やりがいにも通ずるところが多分にあり、責任の重さゆえに、やりがいも高い職業、資格であるからこそ、魅力となり、その仕事、資格に惹かれる方も大勢いるという事も考えられます。

もちろん、中には、魅力は収入というケースも存在しますが、収入=やりがいとも言える事ですから、最初は、収入目的に進んだ道であっても、仕事をする上で、薬剤師の重要性、責任の重さを直に感じることにより、やはりその仕事におけるやりがいが見出せるというのも薬剤師ならでは、だと考えます。

しかしながら、最近は、登録販売者により薬剤師の配置の必要性が無くなっている、という事は指摘され、薬剤師が今後増えることにより、薬剤師の将来が危ういという懸念の声も非常に多いですが、薬剤師が多いというのは、地域により、今も同様ですから、今後需給のバランスが崩れて、薬剤師が過剰化する等という話も一理あるにしても、これからではなく、今現在も同じなので、今から慌てる必要もなく、薬剤師さんは、薬剤師さんの質を高め続けることにより、その存在価値は非常に大きい、高いものですから、心配する必要はないとおもいます。

魅力に関して言えば、やはり薬というものは、そもそも人体に関わるもので、ひとつ間違えると、それは、謝れば済む問題ではなく、人の命が失われる事となるので、非常に重大な責任を担う仕事と言えます。 ですが、だからこそ、医療に携わる人間として、多くの方の健康を守り、その健康を向上させていく、守っていくという使命感を持てる仕事であり、それゆえに、やりがいがある、魅力がある職業だと感じます。

Copyright (C) 2007-2013 薬剤師の魅力. All Rights Reserved.